訪問入浴・居宅介護支援・福祉用具・住宅改修・老人グループホーム・デイサービス

住宅改修

住みなれた住宅で自立した生活を続けていくためにも、
身体機能に合わせた住環境の改造が必要になってきます。
介護保険制度では、このような住宅改修に関わる費用の8割又は9割が支給されます。
(※毎年6月~7月頃に交付される負担割合証でご確認ください。)

支給限度額は、介護を受けている方ひとりにつき要介護度に関わらず
20万円が上限です。
(※負担割合が1割の方が最高で18万円で、2割負担の方が最高で16万円が介護保険から支払われることになります。)
20万円までであれば分割して改修可能です。
要介護状態区分が3段階以上あがった場合や、転居した場合には再度の給付が
受けられます。

※改修前に申請が必要ですので、ケアマネージャー等に相談して下さい。

介護保険で出来る住宅改修

improve-illust